2018年2月の記事一覧:

会話型広告「fanp for LINE」提供開始

会話をしながら広告するZEALS(ジールス)は、会話広告パッケージ「fanp」を展開している。「LINE Ads Platform CPF」に適応した会話広告「fanp for LINE」の提供を開始したことを2018年2月26日に発表した。 「LINE Ads Platform」は、「LINE NEWS」、「LINE BLOG」、…

不正広告の検知/対策を自動で:インフィード型動画広告配信

「AkaNe Video Ads」とはGMOアドマーケティング(以下 GMOアド)は、動画広告配信メニュー「AkaNe Video Ads(アカネ ビデオ アド)」に、不正広告対策ツールとブランドセーフティーツールの提供を始めたことを2018年2月26日に発表した。 GMOアドが展開するインフィード…

モビルス:「Technology Partner」に認定

LINE「Technology Partner」に認定モビルスは、LINEの法人向けサービス「LINE Biz-Solutions Partner Program」において、「LINE Biz Account」部門の「Technology Partner」に認定されたことを2018年2月23日に発表した。 「LINE Biz-Solutions Partner Program」は…

増える高齢者のIT機器利用:デジタル遺品問題

高齢者のネット利用率は高い日本PCサービスは、遺品整理業リリーフと業務提携を行い、リリーフに遺品整理を依頼する全ユーザーにデジタル遺品処理の告知も行うことを2018年2月22日に発表した。 内閣府の調査結果によると、高齢者のインターネット利用は年々高まって…

「LINE Ads Platform CPF」の提供を開始

「LINE Ads Platform」とはLINEは、「LINE」および「LINE」関連サービスを対象とした運用型広告配信プラットフォーム「LINE Ads Platform」に、新メニュー「LINE Ads Platform CPF(Cost Per Friend)」の提供を開始したことを2018年2月22日に発表した。 運用型広告配…

銀行口座連動型スマホ決済サービス「銀行Pay」

キャッシュレス決済国を目指すGMOペイメントゲートウェイ(以下 GMO Pay)は、熊本銀行と親和銀行に銀行口座連動型スマホ決済サービス「銀行Pay」をシステム提供したことを2018年2月22日に発表した。 経済産業省によると、日本におけるキャッシュレス決済比率は、201…

業界特化型SaaS「ABEJA Insight」提供開始

AI技術による業界別ソリューションABEJA(読み アベジャ)は、小売・流通業界を対象のサービスを「ABEJA Insight」に改名し、新たに製造業、インフラ業を対象としたパッケージをサービスラインナップに加えサービスを開始したことを2018年2月22日に発表した。 「ABEJA…

外国人旅行者向け観光支援アプリケーション・サービス開始

外国人旅行者向けアプリJTBは、訪日外国人旅行者向けのスマートフォンアプリ「JAPAN Trip Navigator」のiOS版の提供を開始したことを2018年2月22日に発表した。 ナビタイムジャパンと日本マイクロソフトがアプリ開発に参加した。 AIを活用し、外国人旅行者に24時…

LIFULL HOME’S:AIによる賃貸物件の提案機能

AI技術による物件提案機能LIFULL(読み ライフル)は、不動産情報サイトアプリ「LIFULLHOME'S」にAIによる賃貸物件の提案機能を追加したことを2018年2月22日に発表した。まずはAndroid版のみ。今後、iOSのデバイスにも拡大する。 「LIFULLHOME'S」アプリの賃貸物件…

スマートフォンアプリ向けリエンゲージメント広告の提供開始

「リエンゲージメント広告」は市場拡大アイモバイルは、アプリをインストールしているが実際にはアプリを使っていないユーザーに対して、再度アプリを使ってもらうことを促す広告を配信する手法「リエンゲージメント広告」の提供を開始することを2018年2月19日に発表し…