その他の記事一覧

第2回AI・人工知能EXPO東京ビッグサイトにて開催

日本最大の人工知能EXPOリードエグジビションジャパン(以下 リード)は、第2回AI・人工知能EXPOを、2018年4月4日~4月6日の3日間、東京ビッグサイトにて開催することを2018年3月12日に発表した。 AI・人工知能EXPOの主催はリード、後援は人工知能学会/日本ディープ…

駅構内の安全性向上・駅係員負荷軽減を実現するロボット

ロボットシステムのテーマとして採用アースアイズは、西武鉄道・日本ユニシスとの共同で、西武鉄道駅構内の安全性向上・駅係員負荷軽減を 実現するロボットを使った実証実験を開始することを2018年3月7日に発表した。 この実証実験は、東京都立産業技術研究センター…

マーケティングビジネスとそのトレンド予測

「Future Focus 2018」の発表iProspect(読み アイプロスペクト)は、マーケティングビジネスとそのトレンドを分析し予測した「Future Focus 2018」を2018年3月7日に発表した。 iProspectは、グローバル企業250社を対象に調査し、2018年に直面する重要課題と、デジタ…

増える高齢者のIT機器利用:デジタル遺品問題

高齢者のネット利用率は高い日本PCサービスは、遺品整理業リリーフと業務提携を行い、リリーフに遺品整理を依頼する全ユーザーにデジタル遺品処理の告知も行うことを2018年2月22日に発表した。 内閣府の調査結果によると、高齢者のインターネット利用は年々高まって…

「DM」と「Eメール」のクロスチャンネル販促効果報告

「DM」と「Eメール」の販促効果を調査トッパン・フォームズは、AOKI・EC事業部門の協力により、ダイレクトメール(以下 DM)とEメールを活用した告知手法の違いによる販促効果の実地調査を行いその結果を発表した。 調査は、2017年10月1日~10月29日の約1カ月、対象は…

人工知能で企業を高めるには、従業員による活用が肝要

AI活用する企業は今後も成長アクセンチュアは、人工知能で企業の競争力を高めるには、従業員による活用を後押しすることが肝要との調査結果を2018年2月9日に発表した。 業績トップレベルの企業はAIへの投資を生産性と収益の向上につなげている傾向性がある。2022年…

ソニーの最新技術・遊び心の仕掛けでSXSW2018に展示

SXSW2018とはソニーは、米国で開催される世界最大のクリエイティブ・ビジネス・フェスティバル「SXSW(サウス バイ サウスウエスト)2018」に出展することを2018年1月30日に発表した。 場所は、米国テキサス州オースティン、期間は2018年3月10日~3月13日まで、ソニー…

”ロボットとの暮らし”を身近に感じられるイベント開催

イベントの開催カルチュア・コンビニエンス・クラブ(以下 CCC)は、最新のテクノロジーを体感できるロボットと触れ合う、”ロボットとの暮らし”のイベントを開催するとこを2018年1月26日に発表した。 タイトルは、“ロボットとの暮らし ~ Robot laboratory ver.0 ~ ”…

「スマート農業アライアンス」青森農業者と地銀が参加

青森の農業者と地銀が参加オプティムは、「スマート農業アライアンス」においてAI・IoTの活用を推進すべく、「AI・IoT戦略的包括提携」に青森県の3つの農業者と、「みちのく銀行」が参画したことを2018年1月12日に発表した。 青森県の農業者とは、日本最北端のワイ…

Pepperが動き出す・複合商業施設での実験開始

将来の人手不足解消へX-mov Japan(以下 X-move)は、「倉庫運搬ロボット Freight」と、「PepperでのSLAM技術を活用した移動案内業務」の実証事件を行うことを2018年1月11日に発表した。 実証実験の場所は、大阪南港の複合商業施設「アジア太平洋トレードセンター(以…