WEB上のユーザー行動履歴を活用したメールマーケティング

マーケティングツールの連携

GMOインターネットグループ(以下 GMO)のGMOメイクショップは、自社が持つ「MakeRepeater」と、ロックオンの「AD EBiS(以下 アドエビス)」が連携したことを2018年3月27日に発表した。

「MakeRepeater」は、ショップのリピーター獲得と売上向上を支援する、顧客の自動分析・メールマーケティングが行える、ネットショップ向けマーケティングツールである。

「アドエビス」は、ユーザー接触ログデータ(行動履歴)を収集・蓄積し、ログデータを分析することで広告の仮説立て・予算最適化・検証が行える、マーケティングプラットフォームである。

お互いの長所を相互利用

今回の提携は、「MakeRepeater」と「AD EBiS」が連携し、「アドエビス」で収集・蓄積したユーザーのWEB行動履歴を活用し、ユーザーへ「MakeRepeater」からメール配信を行う。

「MakeRepeater」では、自動でユーザーをセグメント化するので、当該セグメントへ訴求したい内容のメールを配信するだけで、ユーザーのWEB行動履歴に基づいた最適なメールマーケティングが可能になる。

「MakeRepeater」および「アドエビス」のどちらかを利用しているのショップは、今回サービスを無償で利用できる。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

GMO プレスリリース:
https://www.gmo.jp/news/article/?id=5991

「MakeRepeater」サイト:
http://www.makerepeater.jp/

「AD EBiS」サイト:
https://www.ebis.ne.jp/

ロックオン ホームページ:
https://www.lockon.co.jp/

GMO ホームページ:
https://www.gmo.jp/

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+
このエントリーをはてなブックマークに追加