シネマティック レンダリングの夢を実現:NVIDIA

コンピューター・グラフィックスの新たな時代

NVIDIAは、コンテンツ制作者とゲーム開発者に映画品質のリアルタイム レンダリングを提供するレイトレーシング技術のNVIDIA RTXを2018年3月20日に発表した。

NVIDIA RTXは、3次元のリアルで実物そっくりのライティング、リフレクション、シャドウの最終的なソリューションと長い間考えられてきたレイトレーシングを実現。

レンダリングで使用されている技術の大半は、光の作用を再現するリアルな光学計算に置き換えられ、実物そっくりの映像が再現できる。

レイトレーシングは、映画などで実物そっくりの世界実現ため間使用されてきた。しかし、双方向ゲームなどでは高速フレーム レートと低レイテンシーが要求され計算負荷が高すぎるため実用化されなかったが、NVIDIA RTXはこの限界を克服した。

XBOXユーザーにレイトレーシング・ゲームを提供

Microsoftは、NVIDIA RTX技術をいち早くサポートの宣言をし、DirectX RaytracingとNVIDIA RTXの親和性を約束することで、リアルタイム レイトレーシングを何百万人ものWindowsゲーマーに身近なものにする。

また、ゲーム開発者がこの新しい機能を利用できるようにするため、NVIDIAは、NVIDIA GameWorks SDKにレイトレーシング・デノイザー・モジュールを加えることも発表した。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

NVIDIA プレスリリース:
http://www.nvidia.co.jp/news/0320

NVIDIA ホームページ:
http://www.nvidia.co.jp/page/home.html

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+
このエントリーをはてなブックマークに追加