スマホで気軽に医師に相談:医療相談アプリ「LEBER」

来院前にアプリで医者と面談

つくば市は、医療相談アプリ「LEBER」のトライアルとして、協力してもらえるモニターを募集することを2018年2月14日に発表した。

緊急性の低い軽症者が病院で受診したり、重症者が救急車を呼んでも、たらい回しに合うという事例が起きている。

医療相談アプリ「LEBER」は、病院にかかる前にスマホで医師と面談し、医師からアドバイスを受けることで医療機関受診を抑制する。病院間でのたらい回しの問題を解消し、市販薬を活用によりセルフメディケーションを推進する。

セルフメディケーションとは、健康診断を受けている人が、市販薬を購入した際に所得控除を受けられるようにした制度のこと。

モニターの意見をフィードバック

つくば市は、市役所内及び市ホームページを通じて医療相談アプリ「LEBER」トライアル・モニターを2018年2月23日まで募集する。モニター期間は2018年3月10日まで。アプリは、iOSのみ対応。

モニターはアプリを利用し、アプリ内の「アプリへのご意見」に自由に使い勝手を入力してもらい、サービス内容やユーザビリティの向上に繋げる。

つくば市は、国の「第5期科学技術基本計画」が提唱する「Society 5.0」の社会実装に向けたトライアル開始した。今回のトライアルも「Society 5.0」の一環である。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

つくば市 プレスリリース:
https://prtimes.jp/main/016028199

「LEBER」サイト:
https://leber11.com/

つくばSociety 5.0社会実装トライアル:
http://www.city.tsukuba.lg.jp/1001863

つくば市 ホームページ:
http://www.city.tsukuba.lg.jp/

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+
このエントリーをはてなブックマークに追加