LINE WORKSとSAPジャパン:豆蔵にてERP連携

LINEからERPへのアクセスが可能に

ワークスモバイルジャパン(以下 ワークスモバイル)は、豆蔵とSAPジャパン(以下 SAP)の3社が連携して、企業に対して協業することを2018年2月2日に発表した。

ワークスモバイルは、LINEとつながるビジネスチャット「LINE WORKS」のサービスを提供している。「LINE」と同じユーザーインターフェースを使い、ビジネスコミュニケーションに必要な機能を提供する。

SAPは、企業が継続的に収益性の高い事業を実現するアプリケーションやサービスを提供する。今回は中堅・小企業向けERP「SAP Business One」と、クラウドERP「SAP Business ByDesign」と「LINE WORKS」が連携する。

豆蔵は、対話型AIエンジン「MZbot」とRPA技術で、LINEメッセージを送るような形で「LINE WORKS」とERPとのアクセスが可能になる技術を提供する。

リアルタイムに情報をアップデート

「LINE WORKS」には、チャットボットを仮想ユーザーとして登録し、「MZbot」がインターフェースになり、ERPにアクセスする。

在庫確認、発注処理など様々な業務を実行する。チャットボットは「SAP Cloud Platform」上で稼働し、「SAP HANA」のリアルタイム技術を活用ことで、リアルタイムの返答が可能となる。

サービスは2018年4月より開始の予定。

(画像はLINE WORKS ホームページより)

▼外部リンク

ワークスモバイル プレスリリース:
https://line.worksmobile.com/20180202

豆蔵 ホームページ:
https://www.mamezou.com/

SAP  ホームページ:
https://www.sap.com/japan/

ワークスモバイル ホームページ:
https://line.worksmobile.com/jp/

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+
このエントリーをはてなブックマークに追加