インスタグラマーは結局芸能人になりたいのか?調査結果

インフルエンサーは芸能界に興味あり

インフルエンサーマーケティングを事業とするRealiser(リアリジィー)は、自社が運用する『ST BOOK(ソーシャルタレント図鑑)』に登録しているインスタグラマーにアンケートを行いその結果を2018年1月31日に発表した。

調査は、アンケート形式による配信。調査期間は2018年1月15日~1月30日の間で、調査対象者は『ST BOOK』に登録している19~29歳女性インスタグラマー。有効回答数は100であった。

「芸能活動に興味はありますか」という問いに「あり」と回答したインスタグラマーは92.3%。「あり」と回答した人の内「絶対に芸能人になりたい」と回答した人は30.8%。「芸能人になれるなら、なる」という曖昧に答えた人が70%であった。

社会のトレンドはSNSも影響

SNSで多くのファンを獲得したインフルエンサーが芸能事務所にスカウトされる事例や、事務所に所属しないままフリーでモデル等の芸能活動をするインフルエンサーも増えている。

芸能活動自体に興味はあるものの、”あくまで芸能活動はインフルエンサーとしての活動の延長”と捉えているインスタグラマーが多いいう結果になった。

この結果には、トレンドや流行がもはや芸能人やマスメディアのみによって創り出されるものではなく、インフルエンサーなどの個人によって生み出されることが主流となった社会背景があると分析する。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

Realiser プレスリリース:
https://prtimes.jp/main/0027074

Realiser ホームページ:
http://realiser.jp/

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+
このエントリーをはてなブックマークに追加