「マルチ画面の演奏動画」を作成できるアプリ登場

アマチュア・ミュージシャン発表の場に変化

ローランドは、ひとり演奏でも仲間の伴奏と組み合わせることで、本格的な演奏動画を作成できるアプリ『4XCAMERA(フォーエックスカメラ)』を、App Storeにて配信開始したことを2018年1月8日に発表した。

アマチュア・ミュージシャンの発表の場として、自分の演奏動画をYouTubeやSNSへ投稿するアマチュア・ミュージシャンが増加している。投稿動画の多くは単純なアングルからの投稿となっている。

投稿動画を引き立てるには、本格的な動画編集ソフトを使ってアングルを変えたり、画像の分割・合成などをしなければならなかった。

iPhoneで簡単に動画編集

ローランドは、iPhoneを使って画像の分割・合成ができるアプリ『4XCAMERA』の提供を始めた。

ひとりで演奏した画像を複数回演奏して多重録画したり、遠く離れたバンド仲間の演奏動画を撮って合成するなど、マルチ画面の演奏動画を手軽に作ることができる。

演奏した動画は、iPhone/iPadに保存され、編集された動画はローランドが用意した10パターンの画面比に書き出すことでYouTubeやSNSに投稿しやすいように加工される。

『4XCAMERA』は、iOS版のみサポート。無料版の画面分割は2画面まで、最大4画面まで分轄できるが有料となる。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

ローランド プレスリリース:
https://www.roland.com/0780/

『4XCAMERA』説明:
https://www.roland.com/4xcamera/

ローランド ホームページ:
https://www.roland.com/jp/

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+
このエントリーをはてなブックマークに追加