オンラインカウンセリングアプリ「メンタルケアーズ」

精神疾患者の実態

Orchestra Holdingsの子会社ライフテクノロジーは、実名登録された医師がリアルタイムで相談に乗る、オンラインカウンセリングアプリ「メンタルケアーズ」の提供を始めたことを2017年12月25日に発表した。

厚生労働省によると、精神疾患の患者数は増加している、毎年300万人を超える人が精神疾患と診断されている。患者自身がカウンセラー・相談所・心療内科等に直接足を運んでカウンセリングを受けることは多くない。

この課題を解決するために、「メンタルケアーズ」はプロの専門家を、経験、得意分野、料金などから検索し、メンタルに悩みを持つ人側から選び、いつでも相談者とカウンセラーを受けることができるサービス「メンタルケアーズ」アプリの提供を始めた。

実名の医師がチャットで相談

Miewとの提携により、全国の医師10万人がアプリ「メンタルケアーズ」に実名にて協力する。Miewは、医師向けの支援を手掛けており、医師向け学術メディアサービス、医療経営支援サービス、システム開発事業、医師斡旋業等を手掛けている。

「メンタルケース」にて医師と相談する方法はチャットを使って相談する。相談料は1文字単位での課金となる。前払い制なので、支払った金額を超えることはない。

現在は、Android OSへのサービス提供だが、2018年第1四半期にはiOS版の提供を始める予定。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

Orchestra Holdings プレスリリース:
https://lifetech.co.jp/news/1225

「メンタルケアーズ」サイト:
https://lifetech.co.jp/mentalcares/

「メンタルケアーズ」ダウンロードサイト:
https://play.google.com/store/life.care

Miew ホームページ:
http://www.miew.co.jp/

ライフテクノロジー ホームページ:
https://lifetech.co.jp/

Orchestra Holdings ホームページ:
https://orchestra-hd.co.jp/

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+
このエントリーをはてなブックマークに追加