横河電機・RPAを活用し本社業務の生産性改革85%カット

「RPA」導入の背景

TISは、横河電機の本社業務をRPA(Robotic Process Automation)の導入により、定型業務の作業時間を85%の削減したことを2017年11月21日に発表した。

横河電機は、ミスの許されない繰り返し行う定型業務にRPAを適用することで、作業品質の向上を目指す。また、社員の精神的負担の軽減も考えている。今後、RPA適用範囲を業務範囲の拡大だけでなく、海外の事業所にも適用する。

「RPA」導入後の実績

横河電機は、米国Automation Anywhere(以下 Auto. Anywhere)のRPA「Automation Anywhere Enterprise」(以下 AA Enterprise)を導入し、経理部門や業務支援部門の業務自動化を行った。

2017年7月に本稼働し、8月実績として「経費取引先マスタ登録業務」と「プロジェクト管理システムへの登録業務」では85%の作業時間削減ができた。

「製品」「パートナー」選択の理由

「AA Enterprise」の業務適用範囲が多くのアプリケーションに適合しており、グローバルで導入しているという実績があり、製品の信頼性も高かった。また、機能が豊富で、開発・運用が容易であったことも選定の理由となった。

TISは「AA Enterprise」の導入・サポートの実績があり、プロジェクト推進力やサポート力が認められ「RPA」導入のパートナーとして選定された。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

TIS プレスリリース:
https://www.tis.co.jp/news1121.html

「AA Enterprise」説明:
https://www.auto_anywhere.com/auto

Auto. Anywhere ホームページ:
https://www.automationanywhere.com/

TIS ホームページ:
https://www.tis.co.jp/

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+
このエントリーをはてなブックマークに追加