クリエイティブ制作に特化した「タスク管理&業務支援ツール」サービス

今までの手間暇を改善

クリエイティブテクノロジーは、クリエイティブ業界に特化したタスク管理&業務支援ツール「synco(以下 シンコー)」のサービスを開始いたしたことを2017年9月25日に発表した。シンコーの公式サイトは下記のURLを参照。

CMなどの映像制作のクリエイティブ制作業務フローは、一般の業務フローに比べ非効率で複雑である。個人のスキルで偏りがおきたり、長時間労働おちいりやすい。

シンコーを利用することで事務的な作業を軽減し、必要とするチェック項目が自動で生成されるため作業項目の漏れがなくなり、クリエイターは本来のデザイン作業する時間を今まで以上に確保することができる。

映像制作作業のPPM資料・カット表を自動で作成

クリエイティブに特化している特徴としてのPPM資料を自動生成する。必要な情報を順に記入することで、抜け・漏れのない資料がつくられる。PPMとはPre Production Meetingのことで広告撮影前準備のこと。

また、取り込んだ動画をキャプチャリングし、コメントを書き加えることでカット表が自動でできる。カット表とはビデオ・映画などのシーンを台本に合わせて番号を付けて表にした物。

直感的UIと手軽なタスク管理

プロジェクトのタスクや進捗状況が、直感的に一覧で確認できるUI(ユーザーインターフェース)を備えている。また、スマートフォン・タブレットにも対応しているので外出先でも確認できる。

クリエイティブ制作用プロジェクトテンプレート

クリエイティブ/広告制作のテンプレートが数多く用意。プロジェクトが開始される都度タスクを登録す手間が省ける。例えばCM制作・WEB制作を選ぶだけで、タスク一覧の自動生成と人の割り当てをすることができる。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

クリエイティブテクノロジー プレスリリース:
https://prtimes.jp/main/000028255.html

シンコーの公式サイト:
https://synco.news/

クリエイティブテクノロジー ホームページ:
http://www.ad-vantage.jp/

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+
このエントリーをはてなブックマークに追加