音声プラットフォームアプリ「Himalaya」が日本に上陸!

中国で4億人のユーザー数を誇るアプリ上陸

今年3月に設立したヒマラヤジャパンは、中国で業界シェア数NO.1を誇る音声プラットフォームアプリ。日本版「Himalaya(以下 ヒマラヤ)」の配信を開始したことを2017年9月14日に発表した。

ヒマラヤは中国で2013年から配信を開始した。今では4億人のユーザー数を持ち、中国国内シェア73%を誇る音声プラットフォームアプリである。中国では1億の音声コンテンツを有し、大カテゴリーを20に分類し、小カテゴリーを328に分類して提供している。

単独での利用からSNS連携まで多種・多様

ヒマラヤは日本でも同じようなサービスを考えている。サービス開始時の音声コンテンツは約60,000(英語を含む)。

徐々にコンテンツ数を増やしていく。また、ヒマラヤの普及に賛同している業界のリーダーからヒマラヤだけにコンテンツを提供してもらい掲載する予定。

サービスは、Android端末からサービスを開始する。iOS端末は現在Apple社による審査が行われており、合格次第サービスを開始する予定。

当面すべてのコンテンツが無償で提供されるが、将来有償のコンテンツも予定している。Android端末のダウンロードは下記のURLを参照。

音声はストリーミングとして提供しているので、音声の途中からでも再生可能であるし、ダウンロードも可能。また、SNS連携も可能であり、Twitter、facebook、LINE、google+との連携も予定している。

スキマ時間を豊かに新たなライフスタイル

ヒマラヤは「音声書籍」、落語・漫才などの「エンターテインメント」、語学の勉強・スキルを高める「教養」の3つの柱が中心となり、サービスが提供されている。

ヒマラヤジャパンは、日本市場の潜在市場売上は1,000億円とみており、現状は50億円である。

「いつでも どこでも、聴きたいものを」をテーマに新たなライフスタイル・文化を提案し、ユーザーの”スキマ時間”がより豊かなものを目指し音声プラットフォームアプリのリーダーを目指す。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

ヒマラヤジャパン プレスリリース:
https://prtimes.jp/main/000028442.html

ヒマラヤ Android端末のダウンロード:
https://play.google.com/str/appl.nal&hl=ja

ヒマラヤジャパン ホームページ:
http://ximalaya.jp/

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+
このエントリーをはてなブックマークに追加